鼻・耳・喉・アレルギーの悩みご相談ください
093-581-3387

院長紹介

ご挨拶

 

ホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

小倉北区にて、しおもりクリニックを開業し院長をしております、塩盛輝夫でございます。
耳鼻咽喉科は首が座っていない小さなお子さんからご高齢の方まで幅広く受診される科で、病気もたくさんの種類がございます。

 

大学病院ならびに関連病院にてこれまで得た知識・技術を、耳鼻咽喉科専門医およびアレルギー専門医として地域の皆様の健康に役立つことができれば幸いと考えております。


今後とも地域の皆様には少しでもご期待に添えるよう、スタッフ一同、皆様の健康をサポートできるよう努力して参りますので、なにとぞご指導・ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

耳鼻咽喉科・アレルギー科
しおもりクリニック 院長 塩盛輝夫

院長の経歴

平成06年03月 産業医科大学医学部  卒業
平成06年06月 同大学病院耳鼻咽喉科 勤務
平成13年04月 同大学病院耳鼻咽喉科 助手
平成13年10月 同大学病院耳鼻咽喉科 講師
平成14年04月 同大学病院耳鼻咽喉科 外来医長
平成15年03月 筑豊労災病院耳鼻咽喉科 医長
平成16年03月 同大学病院耳鼻咽喉科 講師
平成18年04月 同大学病院耳鼻咽喉科 病棟医長
平成19年04月 熊本労災病院耳鼻咽喉科 部長
平成20年10月 九州労災病院耳鼻咽喉科 科長兼部長
平成21年09月 同病院 退職
平成21年10月 しおもりクリニック開院(平成21年10月20日)

院長の資格

医学博士
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本アレルギー学会専門医
日本がん治療認定医
日本がん治療認定医機構教育暫定医
インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本耳鼻咽喉科学会認定補聴器適合医師
日本耳鼻咽喉科学会認定騒音性難聴担当医
身体障害者指定医
補聴器適合医師
補聴器相談医

所属学会

日本耳鼻咽喉科学会
日本アレルギー学会
日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
日本耳鼻咽喉科感染症研究会
日本耳科学会
日本鼻科学会
日本聴覚医学会
耳鼻咽喉科臨床学会
日本医用エアロゾル研究会
日本職業・災害医学会

研究費・補助金等の助成

◆平成13年度 産業医学重点研究
作業職場における職業性呼吸器アレルギーに関する研究


◆平成15年度 日本学術振興会科学研究内定
鼻アレルギーの鼻粘膜における黄色ブドウ球菌の定着機構に関する研究
 
◆平成16年度 日本学術振興会科学研究
鼻アレルギーの鼻粘膜上皮における黄色ブドウ球菌の定着メカニズム


◆平成18年度 産業医学重点研究
シックビルディング症候群誘発物質の生体影響評価とリスク評価に関する基礎的研究
-鼻アレルギー感作マウスを用いた揮発性有機化合物および細菌外毒素の生体反応への影響-
 
◆平成20年度 労働者健康福祉機構 病院機能向上研究
反復性小児中耳炎の治療と予防のための新戦略
~抗菌薬使用以外の耐性菌感染症治療の解明を目指して~

院長関係著書・学会報告(平成21年10月20日現在、講演会、講義等は除く)

<論文>
◆和文
1)平木 信明 , 宇高 毅 , 塩盛 輝夫 , 他
扁桃感染症とEikenella corrodens
耳鼻臨床 (2009)

2)北村 拓朗 , 坂部 亜希子 , 上田 成久 , 塩盛 輝夫 , 他
閉塞型睡眠時無呼吸症候群の診断におけるセファロメトリーと咽頭視診の有用性
日耳鼻会報 (2008)

3)加藤 明子 , 上田 成久 , 塩盛 輝夫 , 他
外転神経麻痺を呈した急性蝶形骨洞炎例
耳鼻臨床 (2007)

4)大淵 豊明 , 永谷 群司 , 塩盛 輝夫 , 他
喉頭気管分離術を行った誤嚥性肺炎11症例の検討
耳鼻・頭頸外科 (2007)

5)因幡 剛 , 藤村 武之 , 宇高 毅 , 塩盛 輝夫 , 他
上顎洞血瘤腫の検討
耳鼻臨床 (2007)

6)上田成久、北村拓朗、宇高 毅、大淵豊明、塩盛輝夫、他
FDG-PET により原発巣が判明した原発不明頸癌例.
耳鼻臨床(2007)

7)永谷群司、森 貴稔、宇高 毅、塩盛輝夫、他
早期喉頭癌に対する臨床的検討.
日耳鼻(2007)

8)大淵豊明、上田成久、森 貴稔、宇高 毅、塩盛輝夫、他
早期に摘出し得た顎下腺魚骨異物例.
耳喉頭頸(2007)

9)大淵豊明、上田成久、塩盛輝夫、他
カテコーラミン産生が疑われた鼓室型グロームス腫瘍例.
耳喉頭頸(2007)

10)森 貴稔 , 藤村 武之 , 塩盛 輝夫 , 他
⑯頸部良性腫瘍・嚢胞摘出術
耳喉頭頸 (2007)

11)鈴木秀明、塩盛輝夫、他
好酸球性中耳炎の疫学.
JOHNS(2007)

12)加藤明子、上田成久、島尻正平、塩盛輝夫、他
喉頭粘液腫の1例.
耳喉頭頸(2007)

13)森 貴稔、塩盛輝夫、他
疾患に応じた就業上の配慮 -健康診断・検査結果からみた職場への適正配置-.
臨床病理(2007)

14)橋田光一、塩盛輝夫、他
MRSA が検出された頭頸部癌患者の臨床的及び細菌学的特徴.
日耳鼻感染症研究会会誌(2007)

15)塩盛輝夫、他
下咽頭癌患者における MRSA 検出例の危険因子に関する検討.
日耳鼻感染症研究会会誌(2007)

16)森 貴稔 , 藤村 和伸 , 藤村 武之 , 塩盛 輝夫 , 他
内耳性聴覚障害に対するステロイド効果発現部位の検討
Audiol Jpn (2007)

17)鈴木秀明、塩盛輝夫、他
好酸球性中耳炎の疫学.
MB ENT(2007)


18)鈴木秀明、宇高 毅、藤村武之、森 貴稔、北村拓朗、橋田光一、塩盛輝夫:
ワルチン腫瘍の臨床統計.
耳鼻臨床 2007.

19)橋田光一、塩盛輝夫、他
保育施設園児における鼻咽腔インフルエンザ菌と肺炎球菌の検討.
日耳鼻 2006.

20)鈴木秀明、塩盛輝夫、他
好酸球性中耳炎.
臨床と研究 2006.

21)大淵豊明、宇高 毅、塩盛輝夫、他
頸部脂肪肉腫の1例.
耳喉頭頸 2006.

22)塩盛輝夫、他
内反性乳頭腫を合併した鼻腔原発疣状癌例.
耳鼻臨床 2006.

23)上田成久、塩盛輝夫、他
顔面骨骨折.
JOHNS 2006.

24)加藤明子、藤村武之、清水 隆、橋田光一、北村拓朗、塩盛輝夫、他
迷走神経咽頭枝由来と疑われた頸部神経鞘腫例.
耳鼻臨床 2006.

25)塩盛輝夫、他
頭蓋底に進展した篩骨洞軟骨肉腫の1症例.
日鼻誌 2006.

26)塩盛輝夫、他
滲出性中耳炎を併発した Chlamydia trachomatis 咽頭炎,結膜炎例.
耳鼻臨床 2006.

27)大淵豊明、宇高 毅、得居直公、山本英永、塩盛輝夫、他
核間性眼筋麻痺症例における症状とMRI所見.
日耳鼻会報 2006.

28)坂部亜希子、鈴木秀明、宇高 毅、森尾 崇、大淵豊明、塩盛輝夫、他
頭頸部類基底細胞癌の2例.
耳鼻臨床 2006.

29)塩盛輝夫、他
乳幼児の鼻咽腔から検出された薬剤耐性菌の検討.
日鼻科会誌 2005.

30)寳地信介、藤村武之、得居直公、宇高 毅、塩盛輝夫、他
内頸動脈瘤による動眼神経麻痺の1症例.
耳鼻・頭頸外科 2005.

31)塩盛輝夫、他
糖尿病に合併した成人急性ムコーズ中耳炎症例.
耳鼻咽喉科・頭頸部外科 2005.

32)寳地信介、得居直公、宇高 毅、塩盛輝夫、他
顎下部膿瘍に進展した慢性硬化性下顎骨骨髄炎の1例.
耳鼻・頭頸外科 2005.

33)得居直公、宇高 毅、塩盛輝夫、他
Enterobacter cloacae が起炎菌と考えられた高齢者再発深頸部膿瘍の1例.
耳鼻・頭頸外科 2005.

34)塩盛輝夫、他
上気道感染症患者における鼻咽腔薬剤耐性菌の検討.
日耳鼻感染症研究会 2005.

35)加藤明子、藤村武之、清水 隆、塩盛輝夫、他
脂肪化生をきたした耳下腺筋上皮腫例.
耳鼻臨床 2005.

36)橋田光一、塩盛輝夫、他
血液透析患者に合併した深頸部蜂窩織炎の一症例.
日耳鼻感染症研究会 2005.

37)北村拓朗、塩盛輝夫、他
アレルギー その1.花粉による鼻アレルギー.
J.Aerosol Res 2005.

38)塩盛輝夫
耐性菌感染症-MRSA-.
MB ENT 24: 41-47, 2003.

39)塩盛輝夫、他
頭頸部癌における MRSA 検出例の検討.
耳鼻感染 2003.

40)藤吉達也、宇高 毅、塩盛輝夫、他
ミレリ・レンサ球菌およびA群β溶連菌検出動向と耳鼻咽喉科感染症.
耳鼻感染 2003.

41)平木信明、宇高 毅、塩盛輝夫、他
頭頸部キャッスルマン病の3例.
耳鼻と臨床他 2003.

42)藤吉達也、後藤享也、塩盛輝夫、他
咽後膿瘍が脊髄硬膜外膿瘍へと進展した1例.
日耳鼻 2002.

43)平木信明、藤吉達也、宇高 毅、塩盛輝夫、他
再生不良性貧血に合併した深頸部感染症の1例.
日耳鼻 2002.

44)藤吉達也、吉田雅文、塩盛輝夫、他
Onodi 胞巣(sphenoethomoid cell)の発現頻度とその臨床的意義.
日鼻誌 2000.

45)塩盛輝夫、他
院内感染起炎菌のエアーサンプリングの試み‐Air sampling of nosocomial infectious agents‐.
第14回 エアロゾル科学・技術研究討論会 1997.

46)塩盛輝夫、他
下咽頭に発生した小細胞癌の1症例.
耳喉頭頸 1997.

 
◆英文

1)Hiraki, N , Suzuki, H , Udaka, T , Shiomori, T.
Snoring, daytime sleepiness, and nasal obstruction with or without
allergic rhinitis
Arch Otolaryngol Head Neck Surg 2008

2)Fujimura, T , Suzuki, H , Udaka, T , Shiomori, T , 他
Immunoreactivities for glutathione S-transferases and glutathione peroxidase in the Iateral wall of pigmented and albino guinea pig cochlea
Med Mol Morphol 2008

3)Suzuki, H , Fujimura, T , Shiomori, T , 他
Prostaglandin E1 versus steroid in combination with hyperbaric oxygen therapy for idiopathic sudden sensorineural hearing loss
Auris Nasus Larynx 2008

4)Hashida, K , Shiomori, T , 他
Nasopharyngeal Haemophilus influenzae Carriage in Japanese Children
Attending Day-Care Centers
J.Clin.Microbiol 2008

5)Suzuki, H , Fujimura, T , Ikeda, K , Shiomori, T , 他
Prostaglandin E1 in combination with hyperbaric oxygen therapy for idiopathic sudden sensorineural hearing loss
Acta Otolaryngol 2008

6)Udaka, T , Suzuki, H , Fujimura, T , Hiraki, N , Shiomori, T , 他
Relationships between nasal obstruction, observed apnea, and daytime
sleepiness
Otolaryngol Head Neck Surg 2007

7)Udaka, T , Suzuki, H , Fujimura, T , Hiraki, N , Ohkubo, J , Shiomori, T , 他Chronic nasal obstruction causes daytime sleepiness and decreased
quality of life even in the absence of snoring
Am J Rhinol 2007

8)Fujimura T, Suzuki H, Shiomori T, 他
Hyperbaric oxygen and steroid therapy for idiopathic sudden sensorineural hearing loss.
Eur Arch Otorhinolaryngol 2007

9) Shiomori T, 他
Association of verrucous carchinoma and inverted papilloma in the sinonasal tract.
Auris Nasus Larynx 2007

10)Udaka T, Shiomori T, 他
Oncocytic schneiderian papilloma confined to the sphenoid sinus detected by FDG-PET.
Rhinology 2007

11)Udaka T, Hiraki N, Shiomori T, 他
Eikenella corrodens in head and neck infections.
J Infection 2007

12)Shiomori T, 他
Clinical features of head and neck cancer patients with methicillin-resistant Staphylococcus aureus.
Acta Otolaryngol 2007.

13)Udaka T, Suzuki H, Kitamura T, Shiomori T, 他
Relationships among nasal obstruction, daytime sleepiness, and quality of life.
Laryngoscope 2006.

14)Udaka T, Yamamoto H, Shiomori T, 他
Myxofibrosarcoma of the neck.
J Laryngol Otol 2006.

15)Suzuki H, Katoh A, Udaka T, Shiomori T, 他
Hyalinizing clear cell carcinoma artising from the base of the tonque.
Acta Otolaryngol 2006.

16)Shiomori T, 他
Giant myoepithelioma of the upper lip.
Acta Otolaryngol 2005.

17)Shiomori T, 他
Evaluation of bedmaking-related airborne and surface methicillin-resisitant Staphylococcus aureus contamination.
Journal of Hospital Infection 2002.

18)Shiomori T, 他
Significance of Airborne Transmission of Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus in an Otolaryngology-Head and Neck Surgery Unit.
Arch Otrlaryngol Head Neck Surg 2001.

19)Shiomori T, 他
Relationship of nasal carriage of Staphylococcus aureus to pathogenesis of perennial allergic rhinitis.
J Allergy Clin Immunol 2000.

20)Shiomori T, 他
Nasal carriage of Staphylococcus aureus and production of IFN-γ, IL-4 and IL-5 in response to Staphylococcal superantigen in perennial allergic rhinitis.
Rhinology supp 1999.

21)Miyamoto H, Yamamoto H, Arima K, Fujii J, Maruta K, Izu K, Shiomori T, 他
Development of a New Seminested PCR Method for Detection of Legionella Species and Its Application to Surveillance of Legionellae in Hospital Cooling Tower Water.
Applied and Environmental Microbiology 1997.

 
 
 
<学会発表>
 
◆和文
 
1)三箇 敏昭 , 塩盛 輝夫 , 他
成人ムコーズス中耳炎の3症例
第39回 日本耳鼻咽喉科感染症研究会(2009)
 
2)松本 理佐 , 塩盛 輝夫 , 他
緊急気道確保を必要とした両側顎下部間隙膿瘍の1症例
第39回 日本耳鼻咽喉科感染症研究会(2009)
 
3)塩盛 輝夫 , 他
耳鼻科手術における経口単回抗菌薬投与による術後感染予防の検討
第39回 日本耳鼻咽喉科感染症研究会(2009)
 
4)宇高 毅 , 平木 信明 , 塩盛 輝夫 , 他
高分解能MRIにて蝸牛神経低形成が疑われた小児感音難聴の1例
第18回 日本耳科学会総会・学術講演会(2008)
 
5)平木 信明 , 宇高 毅 , 塩盛 輝夫 , 他
進行性難聴を初発症状としたMNGIEの1例
第18回 日本耳科学会総会・学術講演会(2008)
 
6)因幡 剛 , 宇高 毅 , 平木 信明 , 門川 洋平 , 塩盛 輝夫 , 他
慢性副鼻腔炎治療後に発症したChurg-strauss症候群の1例
第47回日本鼻科学会総会ならびに学術講演会(2008)
 
7)平木 信明 , 宇高 毅 , 門川 洋平 , 因幡 剛 , 塩盛 輝夫 , 他
鼻閉、睡眠呼吸障害、日中傾眠およびQOLの関係について -アレルギー性鼻炎との関連について-
第47回 日本鼻科学会総会ならびに学術講演会(2008)
 
8)宇高 毅 , 平木 信明 , 因幡 剛 , 門川 洋平 , 塩盛 輝夫 , 他
鼻腔血管平滑筋腫症例の検討 -術前画像検査と病理組織学的所見との対比
第47回 日本鼻科学会総会ならびに学術講演会(2008)
 
9)柴田 美雅 , 上田 成久 , 北村 拓朗 , 宇高 毅 , 塩盛 輝夫 , 他
後鼻神経切断術におけるナビゲーションシステムの有用性の検討
第47回 日本鼻科学会総会ならびに学術講演会(2008)
 
10)大淵 豊明 , 永谷 群司 , 塩盛 輝夫 , 他
喉頭気管分離術を行った誤嚥性肺炎11症例の検討
日耳鼻第23回九州連合地方部会学術講演会(2008)
 
11)平木 信明 , 宇高 毅 , 上田 成久 , 若杉 哲郎 , 大久保 淳一 , 門川 洋平 , 因幡 剛 , 塩盛 輝夫 , 他
鼻閉のQOLに対する影響について -アレルギー性鼻炎との関連について-
第109回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会(2008)
 
12)上田 成久 , 加藤 明子 , 門川 洋平 , 大淵 豊明 , 柴田 美雅 , 塩盛 輝夫 , 他
外転神経麻痺を呈した急性蝶形骨洞炎症例
日耳鼻福岡県地方部会第147回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会(第507回九州地方会)(2008)
 
13)平木 信明 , 鈴木 秀明 , 宇高 毅 , 藤村 武之 , 若杉 哲郎 , 因幡 剛 , 北村 拓朗 , 塩盛 輝夫 , 他
アレルギー性鼻炎患者の日中傾眠に対する鼻閉を介した睡眠呼吸障害の関与について-労働者のアンケート調査結果より-
日耳鼻福岡県地方部会第146回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会(第506回九州地方会)(2007)
 
14)塩盛 輝夫 , 他
アレルギー性鼻炎患者におけるQOL評価
第25回 産業医科大学学会総会(2007)
 
15)鈴木 秀明 , 森 貴稔 , 藤村 武之 , 宇高 毅 , 橋田 光一 , 塩盛 輝夫 , 他
突発性難聴に対する高気圧酸素療法と他療法との併用
第17回日本耳科学会総会・学術講演会(2007)
 
16)藤村 武之 , 鈴木 秀明 , 宇高 毅 , 塩盛 輝夫 , 他
有色および白色モルモット蝸牛外側壁におけるGlutathione-S-transferaseとGlutathione peroxidaseの局在
第17回日本耳科学会総会・学術講演会(2007)
 
17)上田 成久 , 加藤 明子 , 塩盛 輝夫 , 他
外転神経麻痺を呈した急性蝶形骨洞炎症例
第46回日本鼻科学会総会ならびに学術講演会(2007)
 
18)塩盛 輝夫 , 他
ブラッドアクセス留置用カテーテル挿入後に頸部血腫をきたした気道狭窄例
第69回耳鼻咽喉科臨床学会総会および学術講演会(2007)
 
19)上田 成久 , 大淵 豊明 , 森 貴稔 , 宇高 毅 , 塩盛 輝夫 , 他
早期に摘出し得た顎下腺魚骨異物の1例
第69回耳鼻咽喉科臨床学会総会および学術講演会(2007)
 
20)橋田 光一 , 塩盛 輝夫 , 他
頭部冠状切開を用いて治療した両側巨大前頭洞粘膜嚢胞の1症例
第69回耳鼻咽喉科臨床学会総会および学術講演会(2007)
 
21)門川 洋平 , 塩盛 輝夫 , 他
甲状舌癌と耳下腺Warthin腫瘍との合併例
日耳鼻第22回九州連合地方部会学術講演会(2007)
 
22)塩盛 輝夫 , 他
頸部切傷を手段とした自殺企図症例の耳鼻咽喉科及び精神医学的検討
第108回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会(2007)
 
23)永谷 群司 , 森 貴稔 , 宇高 毅 , 塩盛 輝夫 , 他
当科における早期喉頭癌の臨床的検討
第108回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会(2007)
 
24)塩盛 輝夫 , 他
耳鳴症例におけるTranscranial magnetic stimulation(TMS)
日耳鼻福岡県地方部会第144回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会(2007)
 
25)大淵 豊明 , 上田 成久 , 塩盛 輝夫 , 他
カテコラミン産生が疑われた鼓室型グロームス腫瘍例
日耳鼻福岡県地方部会第144回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会(2007)
 
26)橋田 光一 , 塩盛 輝夫 , 他
保育施設園児における鼻咽腔インフルエンザ菌と肺炎球菌の検討
日耳鼻福岡県地方部会第144回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会(2007)
 
27)因幡 剛 , 永谷 群司 , 藤村 武之 , 宇高 毅 , 塩盛 輝夫 , 他
当科における上顎洞血瘤腫の検討
日耳鼻福岡県地方部会 第143回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学学術講演会(第503回九州地方会)(2006)
 
28)塩盛 輝夫 , 他
MRSAが検出された下咽頭癌症例の臨床的特徴とrisk factorに関する検討
日耳鼻福岡県地方部会 第143回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学学術講演会(第503回九州地方会)(2006)
 
29)塩盛 輝夫 , 他
内反性乳頭腫を合併した鼻腔原発疣状癌症例
第45回日本鼻科学会総会・学術講演会(2006)
 
30)上田 成久 , 塩盛 輝夫 , 他
粘膜下下鼻甲介骨切除術変法
第45回日本鼻科学会総会・学術講演会(2006)
 
31)塩盛 輝夫 , 他
下咽頭癌患者におけるMRSA検出例の危険因子に関する検討
第36回日本耳鼻咽喉科感染症研究会(2006)
 
32)橋田 光一 , 塩盛 輝夫 , 他
MRSAが検出された頭頸部悪性腫瘍患者の臨床的及び細菌学的特徴
第36回日本耳鼻咽喉科感染症研究会(2006)
 
33)大淵 豊明 , 宇高 毅 , 塩盛 輝夫 , 他
頸部脂肪肉腫の1例
日耳鼻第21回九州連合地方部会学術講演会(2006)
 
34)宇高 毅 , 鈴木 秀明 , 北村 拓朗 , 塩盛 輝夫 , 他
自覚的鼻閉の頻度と日中の眠気およびQOLの関係
第68回耳鼻咽喉科臨床学会(2006)
 
35)塩盛 輝夫 , 他
頭蓋底に進展した篩骨洞軟骨肉腫の1症例
日耳鼻福岡県地方部会第140回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会(第500回九州地方会)(2005)
 
36)塩盛 輝夫 , 他
篩骨洞に発生した軟骨肉腫の1例
第44回日本鼻科学会(2005)
 
37)塩盛 輝夫 , 他
上口唇に発生した巨大なmyoepitheliomaの1症例
第18回日本口腔・咽頭科学会総会 学術講演会(2005)
 
38)塩盛 輝夫 , 他
乳幼児の鼻腔由来薬剤耐性菌の現状と保育園園児における鼻咽腔細菌サーベイランス
日耳鼻第20回九州連合地方部会学術講演会(2005)
 
39)塩盛 輝夫 , 他
滲出性中耳炎を併発したクラミジア・トラコマティスによる咽頭炎及び結膜炎の1症例
第67回耳鼻咽喉科臨床学会(2005)
 
40)橋田 光一 , 塩盛 輝夫 , 他
2保育施設園児における鼻咽腔肺炎球菌とインフルエンザ菌の検討
第67回耳鼻咽喉科臨床学会(2005)
 
41)塩盛 輝夫 , 他
乳幼児の鼻咽腔由来薬剤耐性菌の現状と保育園園児の鼻腔から検出された肺炎球菌の分子疫学的調査
第53回日本化学療法学会総会(2005)
 
42)橋田 光一 , 塩盛 輝夫 , 他
保育園園児における鼻咽腔肺炎球菌とインフルエンザ菌の疫学的検討(第1報)
第106回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会(2005)
 
43)塩盛 輝夫 , 他
保育園園児における鼻咽腔肺炎球菌とインフルエンザ菌の疫学的検討(第2報)
第106回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会(2005)
 
44)橋田 光一 , 塩盛 輝夫 , 他
保育園園児における鼻咽腔インフルエンザ菌の分子疫学的検討
第53回日本化学療法学会総会(2005)
 
45)大淵 豊明 , 宇高 毅 , 得居 直公 , 山本 英永 , 塩盛 輝夫 , 他
核間性眼筋麻痺症例における臨床およびMRI所見
日耳鼻福岡県地方部会 第138回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会(第498回九州地方会)(2005)
 
46)橋田 光一 , 塩盛 輝夫 , 他
血液透析患者に合併した深頸部蜂窩織炎の一症例
日耳鼻福岡県地方部会 第137回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会(2004)
 
47)塩盛 輝夫 , 他
乳幼児の鼻腔から検出された薬剤耐性菌の検討
第43回 日本鼻科学会総会(2004)
 
48)橋田 光一 , 加藤 明子 , 若杉 哲郎 , 塩盛 輝夫 , 他
血液透析患者に合併した深頸部蜂窩織炎の一症例
第34回 日本耳鼻咽喉科感染症研究会(2004)
 
49)塩盛 輝夫 , 他
上気道感染症における鼻咽腔薬剤耐性菌の検討
第34回 日本耳鼻咽喉科感染症研究会(2004)
 
50)加藤 明子 , 北村 拓朗 , 藤村 和伸 , 森尾 崇 , 清水 隆 , 鈴木 秀明 , 塩盛 輝夫 , 他
舌根部に発生したHyalinizing clear cell carcinomaの1症例
日耳鼻 第19回九州連合地方部会学術講演会(2004)
 
51)塩盛 輝夫 , 他
上口唇に発生した巨大なmyoepitheliomaの1例
日耳鼻 第19回九州連合地方部会学術講演会(2004)
 
52)塩盛 輝夫 , 他
進行上顎癌症例に見られた肺転移巣の自然退縮現象
日耳鼻福岡県地方部会 第132回 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会(2003)
 
53)藤吉 達也 , 吉田 雅文 , 工藤 香児 , 永谷 群司 , 藤村 和伸 , 塩盛 輝夫 , 他
頭頸部癌終末期病態検討から示唆される緩和医療教育指針と新医師臨床研修制度
日耳鼻福岡県地方部会 第132回 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会(2003)
 
54)塩盛 輝夫 , 他
ベッドメーキングにおける空中MRSAのサンプリング
第20回産業医科大学学会(2002)
 
55)塩盛 輝夫 , 他
頭頸部癌におけるMRSA検出例の検討 -とくに下咽頭及び喉頭癌について-
第32回日本耳鼻咽喉科感染症研究会(2002)
 
56)藤吉 達也 , 宇高 毅 , 塩盛 輝夫 , 他
頭頸部領域感染症におけるミレリ連鎖球菌の検出動向
第32回耳鼻咽喉科感染症研究会(2002)
 
57)塩盛 輝夫 , 他
頭頸部癌MRSA感染と鼻腔・咽頭定着MRSA株の検討
第41回日本鼻科学会総会(2002)
 
58)平木 信明 , 藤吉 達也 , 宇高 毅 , 塩盛 輝夫 , 他
頸部Castleman病の3組織病態と臨床像
第26回 日本頭頸部腫瘍学会(2002)
 
59)塩盛 輝夫 , 他
病棟におけるMRSAのエアーサンプリングと上気道への定着
第103回 日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会(2002)
 
60)塩盛 輝夫 , 他
MRSAの病棟におけるエアーサンプリングと鼻腔への定着
第40回日本鼻科学会総会ならびに学術講演会(2001)
 
61)後藤 享也 , 塩盛 輝夫 , 他
頸椎・胸椎脊柱菅硬膜外膿瘍へ進展した咽後膿瘍の1症例
日本耳鼻咽喉科学会第16回九州連合地方部会学術講演会(2001)
 
62)塩盛 輝夫 , 他
頭頚部腫瘍術後のMRSA感染症における空気感染の可能性について
第102回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会(2001)
 
63)因幡 剛 , 宇高 毅 , 塩盛 輝夫 , 他
扁桃周囲膿瘍における検出菌の検討
日本耳鼻咽喉科学会福岡県地方部会第125回耳鼻咽喉科頭頸部外科学術講演会(2000)
 
64)塩盛 輝夫 , 他
通年性鼻アレルギーの病態形成における鼻腔黄ブ菌の関与
第101回日本耳鼻咽喉科学会総会学術講演会(2000)
 
65)塩盛 輝夫 , 他
MRSA感染症における空気感染の重要性
日本耳鼻咽喉科学会福岡県地方部会 第122回耳鼻咽喉科頭頚部外科学術講演会(1999)
 
66)藤吉 達也 , 塩盛 輝夫 , 他
後部篩骨蜂巣の解剖学的多様性とOnodi蜂巣炎
第38回日本鼻科学会総会ならびに学術講演会(1999)
 
67)塩盛 輝夫 , 他
通年性鼻アレルギーの病態形成における鼻腔常在菌の関与 S.aureusの鼻腔内検出率とスーパー抗原によるリンパ球への影響
第37回日本鼻科学会総会ならびに学術講演会(1998)
 
68)塩盛 輝夫 , 他
通年性鼻アレルギーにおける黄色ブドウ球菌の関与
日本耳鼻咽喉科学会第24回北部九州連合地方部会学術講演会(1998)
 
69)塩盛 輝夫 , 他
院内感染起炎菌のエアーサンプリングの試み
日本防菌防黴学会第25回年次大会(1998)
 
70)塩盛 輝夫 , 他
通年性鼻アレルギーの病態形成における鼻腔常在菌の関与 2,黄色ブドウ球菌のスーパー抗原産生率とリンパ球への影響
第71回日本細菌学会総会(1998)
 
71)塩盛 輝夫 , 他
通年性鼻アレルギーの病態形成における鼻腔常在菌の関与 1.黄色ブドウ球菌の検出率とスーパー抗原の産生性
第50回 日本細菌学会九州支部総会(1997)
 
72)塩盛 輝夫 , 他
院内感染起炎菌のエアーサンプリングの試み Air Sampling of Nosocomial Infectious Agents
第14回 エアロゾル科学・技術研究討論会(1997)
 
73)塩盛 輝夫 , 他
下咽頭に原発した小細胞癌の1例
日本耳鼻咽喉科学会第10回九州ブロック連合地方部会学術講演会(1995)
 
◆英文
 
1)Shiomori, T. ,他
Staphylococcal Superantigen lnduced Cytokine Synthesis by PBL with Perennial Allergic Rhinitis
6th Asian Research Symposium in Rhinology (2001)
 
2)Shiomori, T. ,他
Nasal Carriage of Staphylococcus aureus and Production of IFN-G, IL-4 and IL-5 in Response to Staphylococcal Superantigen in Perennial Allergic Rhinitis
The Third Asian Research Symposium in Rhinology (1998)